2019年7月20日配信 楽に生きる! 石原加受子の「自分中心」心理学■小さな一歩の行動から メルマガより

メルマガ

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

                     

  楽に生きる! 石原加受子の「自分中心」心理学  2019/7/20   

(月3回~6回 水曜日発行)

 

     ホームページ:https://www.allisone-jp.com/

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

■□ 最新情報!!! □■

 

★石原加受子 自分中心心理学読本2「成功とお金の基礎心理理論」:

「成功とお金と無意識の話」 (オールイズワンEブックス)  Kindle版

https://www.amazon.co.jp/dp/B07TRK62MW/

 

★誰にも言えない「さみしさ」がすっきり消える本 SBクリエイティブ

https://amzn.to/2FE0xTT  (8月22日発刊予定)

 

★ 6年周期リズム診断「大リズム公開します!」

http://allisone.jp/6dairizumu/index.html

2019年8月10日(土)13時~16時

講 師:石原加受子 西岡利晃

【10名様限定】です。

今回の8月開催以降、次回の開催はいつになるかわかりません。

お早めにお申込みください。満席になり次第締め切ります。

※再受講(再受講料金にて)も承ります。

 

 

■「本気で人生を上昇させたい人」セミナー開催

2020年の募集を募ります。

自分の人生をどんどん上昇させるのは、簡単です。

けれども、私たちの周辺では、99%、ネガティブな情報で溢れて

いると言っても過言ではありません。

ポジティブな意識を根底に据えるには、ひたすらトレーニングが必

須です。

実際に、自分の人生を「上昇パターンにする」のは簡単です。

 

「本気で人生を上昇させたい人」セミナー開催

3月・4月・7月・8月・11月・12月 

第三日曜日

13:00~15:30

に実施しています。

即効性ワーク受講者限定(各定員6名)

残席、各1~2名です。

すべて単発のセミナーです。

トレーニングとして、継続的にレッスンしていきます。

自分中心の神髄です。

それぞれの個人的問題や課題、目標や願望を毎回精査して、実践で

きるまで落とし込んでいきます。

小さな出来事で、自分の立つ位置がわかります。

起こっていることの事象の謎が、溶けて、すべてがつながります。

身につけば、ものすごく簡単です。

・料金 21000円プラス消費税 合計22,680円

お申し込みは  info■allisone-jp.com

※迷惑メール防止のために送信の際は、■を@に変えてください。

 

 

  • すぐ変わる即効性ワーク

(年に3回しか実施されません。貴重です。)

「自分の感じ方」を信じれば、すべてがうまくいきます!

自分の人生の良い方向へとチェンジさせるには、自分中心の生き方が

できるかどうかにかかっています。

これ以外に、方法はない、と言ってもいいぐらいです。

「自分中心心理学」の最も効果的な活用方法を獲得できます。

問題解決するための最短方法で、これ以上短くはできません。

もうすぐ始まります。

問題解決、願望達成の決定版です。

 9月15日 日曜日(1章・2章・3章) 13時~5時30分

10月20日 日曜日(4章・5章・6章)  13時~5時30分

 

 

★★★「人生を勝手に好転させるための」講座メールレッスン

第12期受講生募集スタートいたします。

人生の方向性を変えることができるポイントがあります。

そのポイント気づくために感じる感度を高めることができる、

非常に大事なワークが盛り込まれています。

 

自分の感じ方の感度を高めていくことは、自分を守るためにも必須です。

本講座は3ヶ月間、自分で実践する感じる感度を高めるレッスンです。

人生を好転へと舵を切る、自分を変えるチャンスです!

【20名限定】レッスンは2019年4月下旬~5月上旬頃スタート!

 

毎回人気の講座です。満席になり次第締め切りとなりますので、

受講希望の方は以下リンクよりお早めにお申込みください。

ページ:https://allisone.jp/jinnseiwokoutenn/12ressunn.html

 

 

  • 有料メルマガ

メルマガタイトル 石原加受子の実生活に使える「意識の世界」お話

基本的には月1回の不定期ですが、月に3回は配信したいと思います。

https://www.mag2.com/m/0001684602.html

月々750円(810円税込み)/ 初月無料です。

具体的な実践法をお伝えします。

ご相談・ご感想・ご意見・ご要望等々をお待ちしています。

紙面にて、お答えいたします。(内容によっては、お答えできない場合

もありますので、そのときはご了承ください。)

カウンセリングを受けるのはちょっとまだ、抵抗が。

セミナーを受けたいけれども遠方だから。

CDや本では、いま一つ、個人的な問題の解決方法がわからない。

個人的な問題のヒントがほしい。

こんな希望をお持ちの方、登録お待ちしています。

 

 

■WEBセミナーを開催中

WEBセミナーを開催しています。

『「自分中心心理学」研究会』です。

音声でサービスです。ダウンロードできる商品も提供いたします。

将来的には、WEB上でのセミナーも企画中です。

 

月に最低1回は、無料音声を提供します。

スキルアップしたい人は、料金的にお得です。

時には、CDでは聴けない内容も聞くことが出来ます。

質問していただければ、音声で具体的に答えていきたいと思います。

直接面談に近い効果が得られるでしょう。

詳しくは↓をご覧ください。

https://allisone.jp/aio-jp/info/web-kennkyuusyo/

 

会員同士の、コミュニティとしても役立ててほしいと思います。

このサイトに入れば、一人じゃない。仲間がいる。

支援者(と呼びます)は 月額3000円です。

カウンセリングを受けるには、どうも、抵抗がある。

本やテキストやでは、今ひとつ、具体的なやり方がわからない。

個人的な問題や経営面での解決方法を知りたい。

どんな高額なセミナーを受けても、「できる気がする」だけで、

なかなか成果を得られない。

そんな人に、最適です。

 

さまざまな争いから降りたほうが、はるかに運は上昇します。

それは、「自分とも戦わない」ということです。

人生の「ホームドクター」のような存在になっていければと、

願っています。

続ければ、誰でも、必ず人生を変えられます。

その変わるというのは、幸せになるだけではなく、

「願望を叶える。成功する。もっと稼ぐ」

といったものも含めて、です。

 

自宅で、「自分中心心理学」を学べます。

どんどん質問していただき、人生を上昇させていきましょう。

詳細は、また、後ほど、お伝えします。

詳しくは↓をご覧ください。

https://allisone.jp/aio-jp/info/web-kennkyuusyo/

 

 

最新刊!!!

◆「あの人とうまく話せない」がなくなる本(PHP研究所)

◆やっかいな人から賢く自分を守る技術(三笠書房)文庫本 

◆心理学でわかる 女子の人間関係・感情辞典(朝日新聞社)

◆「何をやっても長続きしない人」の悩みがなくなる本

(イースト・プレス)

 

新刊!!!

  • 傷つくのが怖くなくなる本 (PHP文庫)

「苦しい親子関係」から抜け出す方法(あさ出版)

アマゾン本購入特典無料音声ダウンロード申し込みできます!

↓ここから申し込めます。

https://allisone.jp/am1/index1oyako-nukedasu.html

 

  • 「自己肯定感」の高め方 「自分に厳しい人」ほど自分を傷つける

(ぱる出版)

アマゾン本購入特典無料音声ダウンロード申し込みできます!

↓ここから申し込めます。

https://allisone.jp/am1/index1jibunnnikibisii.html

 

◇不定期便 もっと“自分中心に”メール 発行中(月3回)

オールイズワンHP トップページの不定期便「もっと“自分中心に”

メール」申し込み欄から、登録できます。

https://www.allisone-jp.com/

サイトの一番下にあります。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=24146

 

======================================================================

 

   ◇対等になることを非常に恐れている

 

======================================================================

支配性の強い人は、決して人と横並びになることはありません。

横並びになるのは、非常に怖いことだからです。

 

自分が横並びになって話をすれば、

相手が何か言ってきたことに対して、どう対処していいかわかりません。

相手が自分と違った意見を言ってきたら、

それは「攻撃された」と捉えます。

 

だから、自分より「下」という人たちとは、隔たりがあるほど、

安全だと思います。

安全を確保するために、

上下関係で、自分が絶対的「上」であるためには、

自分より「下」の人々との隔たりを大きくしておきたいと望むのです。

 

また、自分の地位を脅かす人物は、

早めに排除しておいたほうがいい、というふうに考えます。

 

こんなパターンは、まず、生涯変わりません。

 

大多数の人たちが、パターン通りに動いていて、

そのパターンを変えるには、具体的な出来事の場面場面で、

対処方法を「自分中心的」に変えていく必要があります。

 

国会答弁や党首討論等でも思うのですが、

 

責任感のない人ほど、抽象的概念的な話ばかりで、お茶を濁そうとします。

美しい言葉だけを羅列するので、

口当たりは、心地良く感じますが、“実”がありません。

あるいは、本音を隠しているかもしれません。

だから、具体的に言うわけにはいかない、ということもあるでしょう。

それでも、尚、具体性には欠けているでしょう。

 

例えば、

安全と平和を守る。

といった言葉は、どういうふうにでも解釈できます。

 

共通意識がなければ、言う人と受け止める人との間に乖離が生じます。

 

言う側は、もしかしたら、

安全と平和を守るために、軍拡をして、

下々の者たちは絶対に逆らえないような全体主義国家をつくる。

場合によっては憲法を改正して、不満分子の摘発や財産没収が

できるようにする。

などという意図をもっているのかもしれません。

 

 

実際に、支配性の強い人たちは、

日頃から意識が「他者をどう支配するか」に向いているために、

具体的な対策を提案できません。

 

また、「真摯に取り組む。前向きに努力する」

といった言葉に象徴されるように、こんな言葉は、

責任の所在が明確ではありません。

 

どれだけでも、無責任でいられます。

 

他者の揚げ足をとったり、やじったり誹謗中傷したり、

一人を血祭りにあげるようなバッシングをしたりするのも、

無責任な人たちの特徴の一つでしょう。

 

こんな傾向は与党も野党も同じです。

 

与党が、明確な政策を提示できなければ、野党を負かすには、

野党の揚げ足を引っ張るしかありません。

 

野党も、他者中心の意識なので、与党の不正をつつくけれども、

所詮、相手が認めるわけもなく、謝罪するわけもないのですから、

どんなに認めさせようとして突っ込んだとしても「言って終わり」

になってしまいます。

 

というふうに、どちらかと言えば、

不毛なやり取りをしているようにしか、

見えないときが少なくありません。

 

そんな議員さんの中で、ときどき“光る人”がいます。

彼らに感じるのは、自分中心的な意識です。

 

ですから、ぶれません。

自分を信じている発言ができます。

論理性にも長けているのは、常に、自分を核として、

物事を考察しているからです。

 

他者をみて否定したり不満をぶつけたりする時間を、

自分のために使うことができれば、充分な時間を確保できるでしょう。

 

「他者中心」になってしまうと、

とてつもなく大きな壁にぶつかっていて、

身動きがとれないように感じてしまうものです。

 

けれども、どんな状況であっても、それを変えるには、

「具体的に行動する」するしかありません。

 

しかも実際に行動するとしたら、肉体的限界があるので、

いずれにしても「小さな一歩」でしか行動できません。

それを自覚することです。

 

そうすれば、いつか「その小さな一歩」が、次第に波紋のように

波及していくと知るときがくるのではないでしょうか。

 

もちろん、私自身が信じているのは、「無意識の力」です。

 

自分が「小さな行動」を始めれば、必ず無意識が、

それに応援してくれます。

だから何事も、「小さな行動の一歩」のほうが、

頭であれこれ考えて悩んだり、

他者に向かってネガティブな感情をぶつけたりするよりも、

遙かに重要なのです。

 

 

  • 読者セミナー  月2回開催 第一木曜日午後7時。

               第三土曜日午後2時30分

 

  • 「自分中心セミナー」毎月開催中。

個人セッション、電話での通信講座も行っています。

厳しい環境の中でも、楽に生きることができます。

ずっと、苦しいままで、その苦しみをやり過ごして生きるのか。

未来に向けて確実に変わっていく自分を喜べる自分になるのか。

決めるのは、あなた自身です。

じっと動かずに待っていて得られるものではありません。

あなたが、自分で得る能力をつけるものです。

お申し込みは  info■allisone-jp.com

※迷惑メール防止のために送信の際は、■を@に変えてください。

『“自分中心セミナー”グループセッション』(初級)

開催日時 毎月・第一日曜日 13:00~17:30(午後1:00~午後5:30)

プログラム構成・全11章 各3章ずつ実施

4回セッション・4カ月で修了

入会金     5,000円

セミナー料金 55,000円

テキスト料金 17,000円 

合計82,000円税込価格(77,000円)

 

 

■石原加受子の「光と波のきろく」 好評ブログ

https://aio-jp.com/

 

 

★石原加受子の著作一覧

https://allisone.jp/honn1/ishihara-honn.html

(これまでに発刊された本は、100冊以上。)

 

 

★新しいホームページ作成中(随時更新中)です。

↓自分中心心理学・6年周期リズム診断最新情報

https://allisone.jp/aio-jp/

ぜひ一度ご覧ください!

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

カウンセリング https://www.allisone-jp.com/counseling.html  

読者セミナー・自分中心感覚セッション

https://www.allisone-jp.com/immediate_effect_work.html

自分中心セミナー 

https://www.allisone-jp.com/self_centredness.html 

すぐ変る即効性ワーク

https://www.allisone-jp.com/immediate_effect_work.html 

6年周期リズム https://allisone.jp/uranai.php.6nen/ 

6年周期診断 

https://www.allisone-jp.com/6_year_cycle_based_reading.html 

受講者・読者の声 https://www.allisone-jp.com/voice.html 

 

==============================================================

 

         ◇【自分中心心理学】 実践記事 

 

  「今日一日を肯定してみた」(2) 記:西岡利晃

 

==============================================================

 

(1)からの続き。

 

最近は、自分を責める自分に気づいたら、それを出来るだけやめて、

具体的な改善案を考えようと自分に問いかけたり、

また結果よりもプロセスに焦点をあてて、

そこを肯定するように練習しています。

 

今までは、

 

「あれは、ダメだった」

「これも、よくなかったかも」

「あれが、出来なかったな」

 

などなど、無意識のうちに、

自分を否定するような思考をして、自分で自分を落ち込ませていまし

た。

 

帰宅しても、とても疲れた感じになっていたのも、

自分を否定する思考をしていたことが、

かなり影響していたのではないかと思います。

 

まず一番最初に、単純に、

否定することはやめようと、自分で決めました。

本当に決めただけです。

 

決めることができたのは、

自分中心心理学では、自分を責めても実りはないと教わりましたが、

 

実際に経験的に、

自分を責めても実りはないと自覚できたこともあります。

 

そして、セミナーで教わった、肯定の仕方があるのですが、

それで自分を認めることをやっていきました。

 

言葉にすれば、「自分で自分を認めましょう」で終わりますが、

これを思考レベルから感覚や感情のレベルに持っていくには、

やはりトレーニングが必要だと思います。

 

当たり前といえば、当たり前ですが、一朝一夕にはいかないものです。

 

結果を得ようと思うと、

焦りが出て、ますます結果は得られにくくなるでしょう。

 

けれども、日々、少しずつの練習で、

「ちょっとできればいい」というふうに、

ハードルを下げておくと、無理なくとり組めます。

 

あまり、最初に飛ばしすぎると、中だるみしますし、

体育会系の人のように、ある程度頑張れたとしても、

我慢があれば、急にやる気が失せたりもします。

 

もちろん、そのようなことも、否定はしないで、やる気が失せたら、

無理していることに自覚が出来たんだと思い、

しばらく休憩と思っていれば、またやりたくなってきます。

 

そのように、多少の気分の変動はありますが、

頑張らないでいいんだと自分で決めれば、

不思議と楽にとり組めることにも気がつきました。

 

本当に簡単なことを、継続的にするだけで、

自分の中の肯定感が少しずつ高まっていくのだと、

これも少しずつ理解できるようになったのだと思う今日この頃です。

 

記:オールイズワン認定ライフ・クリエーター西岡利晃

 

 

★★★「人生を勝手に好転させるための」講座メールレッスン

 

現在第11期実施中です。

 

次期、第12期受講生募集スタートいたします。

 

人生の方向性を変えることができるポイントがあります。

そのポイント気づくために感じる感度を高めることができる、

非常に大事なワークが盛り込まれています。

 

自分の感じ方の感度を高めていくことは、自分を守るためにも必須です。

本講座は3ヶ月間、自分で実践する感じる感度を高めるレッスンです。

 

人生を好転へと舵を切る、自分を変えるチャンスです!

 

【20名限定】レッスンは2019年8月中旬頃スタート予定!

 

毎回人気の講座です。満席になり次第締め切りとなりますので、

受講希望の方は以下リンクよりお早めにお申込みください。

ページ:https://allisone.jp/jinnseiwokoutenn/12ressunn.html

———-

==============================================================

 

    ◇ オールイズワンJPからのおすすめ情報

 

==============================================================

 

■2019年8月10日(土)開催!【10名様限定】

 

6年周期リズム診断「大リズム公開します!」セミナー

詳細は:https://allisone.jp/6dairizumu/index.html

 

2019年8月10日(土)13時~16時

会 場:東京荻窪オールイズワンセミナールーム(10名限定)

講 師:石原加受子 西岡利晃

 

 

■石原加受子 新刊!

 

【最新刊】8月22日発刊

誰にも言えない「さみしさ」がすっきり消える本 SBクリエイティブ

Amazonリンク:https://amzn.to/2FE0xTT

 

【最新刊】7月1日発刊

石原加受子 自分中心心理学読本2「成功とお金の基礎心理理論」

「成功とお金と無意識の話」 (オールイズワンEブックス)  Kindle版

Amazonリンク:https://amzn.to/2JfFBUp

 

石原加受子の本紹介

ページ:https://allisone.jp/honn1/ishihara-honn.html

 

 

◆ 自分中心心理学・6年周期リズム診断最新情報(随時更新中)

ページ:https://allisone.jp/aio-jp/

 

◆「自分中心心理学」研究所オールイズワンWEBフォーラム

ページ:https://allisone.jp/aio-jp/info/web-kennkyuusyo/

 

◆「自分中心」原理CD&テキスト「セミナー(ライブ)版もあり」

自分中心心理学の基本原理を解説。10年間売れ続けています。

ページ:https://allisone.jp/randing.html

 

◆ 6年周期リズム診断(個別診断レポート他)

6年周期リズム診断は、人生のリズムとパターンを診断いたします。

ページ:https://allisone.jp//6mini/minisinndann.html

 

◆ 自分中心体験の談話会:毎月第3土曜日13時~(1H)

ページ:https://allisone.jp/aio-jpshouhinn/index.html#自分中心体験談話会

 

◆ 6年周期リズム実現法!メルマガ登録お願いします。(まぐまぐ)

ページ:https://www.mag2.com/m/0000259036.html

 

★★★∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

<石原加受子のオーディオセミナー ラインナップ>

http://www.selfstudy.biz/ishiharakazuko/

1. 自分自身を基準にして楽になれる「自分中心」発想法

2. 弱い自分を克服する方法 など全30シリーズ。

 → http://www.selfstudy.biz/ishiharakazuko/

iTunes Storeでも配信されています。

 

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□

私を見て!