石原加受子による、お金持ち意識に関する話をまとめたものです。

1.自分中心感覚セッションで収録(CDとテキスト)
2.読者セミナー(CDとテキスト)
3.石原加受子「お金の話」インタビュー(音声CDのみ)


こちらの石原加受子の音声CDと一部文字起こしテキストです。
3はインタビュアと石原の会話です。セミナーではないいつもと違ったテイストの話になっています。

お金の話と、心理の話は関係はないと思われている方がほとんどではないでしょうか?
実は心理(意識)とお金は密接な関係があります。
CDでは、石原はまずそのことから話しています。


楽に生きる 自分中心心理学メルマガより~

今回のセットの一つは、私(石原)が喋っているときに、私自身が同時に自分にその話に感心していました。

「今日は、頭が冴えていて、適切な言葉が湧き水のようにあふれ出す感じもありました。
心と言っていることが、非常に一致していました。
だから、喋りながら、私自身も、心が軽くなったり楽になったり、満足感を覚えたりしていました。
自分表現することの醍醐味がここにあります。

相手のわかってもらおうとして話をしているわけではありません。

お話を聞いてくださった方々の中から、すぐに、「この話の内容を販売してくれませんか」という声が挙がりました。

非常に新しい視点で語っていて、その内容も新鮮だったので、私自身が、もう一度、聴いてみたいと思ってしまったほどです。

質問されない(刺激がない)と、答えることができません。
感覚的にぴったりとくる質問をされると、それに反応して、自分でも意外な言葉が飛び出します。

けれどもそれは、もともと、自分にあったものです。
ただ、刺激がないので、反応しない、ということなのです。

こんなふうに、自分でも驚くぐらい、私たちの無意識の潜在能力はすごいのです。

併せて、「お金持ちになる意識」の話をしています。
お金になるための根本的な意識があるのです。
どんなに頑張っても努力しても、あなた自身が「金持ち体質」になっていないと、お金は入ってきません。お金を拒否しているのは、あなた自身だからです。

あなたは気づかずに、お金を拒否していませんか。


音声を編集させていただいた西岡より

さて、これからの時代、
「お金の意識」というテーマは、私たち一人一人の現実に、今まで以上に切実なテーマとなって現われてくるでしょう。
もちろん言うまでもなく、もう他人事ではいることはできません。
そういった意味でも、あなたとお金の関係も、自分中心になることは必須です。

必ず何かしらの形で、それぞれの人がそれぞれの意識によって、自分の問題としてそのテーマと向き合うことになるでしょう。

今回の音声も、最初はいつもの心理の話かと思われるかもしれません。
お金は心理的な側面から見ても、一つのエネルギーを有していると私は思います。

心理は目に見えないものですが、お金の例えで語られることで、
大変わかりやすく、自分の人生のテーマにも具体的に当てはめて理解することができると思います。

また日常でお金を使わない人は、まずいないですね。
けれどもこのお金と自分の関係性が自由である人が、どれだけいるでしょうか?

そういった意味で、最も身近な存在でありながら、そのお金に秘められた意識の本質を理解している人は、私も含めほとんどいないと言っていいのではと思います。

私は、音声を編集させていただきながら聴いていますが、ここ数日で確実に私自身の意識の変化を感じています。

このCDを聴いていただければ、お金の意識(お金持ち意識)の本質に、あなたも気がつくことができると思います。


「お金持ち意識」になる!CD&テキスト


CD3枚・テキスト2部 価格:22,800円(税込)
※送料は弊社で負担いたします。クロネコヤマト宅急便、ネコポスト(投函)、日本郵便レターパック等にてお届けとなります。


 はい。いますぐ申し込みます!

↓下記規約に同意の上、↑今すぐお申込みください↑

本教材(CD、テキスト等)ご購入は当方とご購入者様の使用契約です。
以下契約に同意の上、ご購入お申込ください。
詳細を見る
使用許諾書

この契約は、あなた(以下甲とする)とオールイズワン及びオールイズワンJP(以下乙とする)との契約です。
本教材を使用することをもって、甲はこの契約に同意したこととなります。

第1条 使用権利
甲は、本教材に含まれる情報を、本契約に基づき使用する権利を有する。

第2条 無断転載、一般公開の禁止
本契約に含まれる情報は乙に所属し、著作権法によって保護されている。
これらの情報を、甲は、乙との書面による許可なくして、出版および電子メディア等による配信、ならびに無断転載、一般公開、転売してはならない。

第3条 契約解除
甲がこの契約に違反した場合、乙の判断と決定で、この使用許諾契約を解除できることとする。

第4条 損害賠償
甲が本契約の第2条規定に反した場合、本契約の解除と同時に、乙に対して、損害に応じた違約金ならびに賠償金を支払うものとする。

著 者 石原 加受子
発行人 石原 加受子・オールイズワン・オールイズワンJP
発行所 〒166-0032 東京都杉並区天沼3-1-11 ハイシティ荻窪1F
電 話 03(3393)4193

お支払いは弊社口座へ入金お願いいたします。

ご入金先弊社口座は、お申込送信直後の自動返信メールにて連絡いたします。
※入金の確認はオフラインのため、数日かかる場合もあります。

商品は弊社口座でご入金確認後、ヤマト運輸宅急便、ネコポスト(投函)、日本郵便レターパック等にて発送します。

※送料は弊社で負担します。


よろしくお願いいたします。
オールイズワンJP 担当:西岡

ページの先頭へ