頭で考えることよりも感覚や感じることのレベルを上げていったほうが、もっともいいのです。

脳は意識の根底にあるものに対して、
常に正確に働いています。

誰もが、「精神性の向上=自己肯定」を、
目指しているのです。





◆自分中心シリーズ第5弾
「自分を認める感覚を高めるためのCD」


■自分中心心理学のセミナーより

2016年、2017年、2018年に開催された各種「自分中心心理学」のセミナーのにて、石原が話しているところから、抜粋編集したCDです。自分中心心理学の基本的なところ、「意識の法則」を中心に、自分の肯定感を高めていくことの話と、自分中心の最先端情報が語られています。



「精神性の向上=自己肯定を目指している」11.「精神性の向上=自己肯定を目指している」CD1より


見ることと、感じることは違うから、感じるって言うと非常にむずかしいかな。
て、いうふうに最近思うの。

でも、みんな、ほとんどの方たちは、感じることをマイナスに捉えている(感じる)から、どうしても感じることをやめようとする動きをするんですね。

感じることをやめれば、もちろんマイナスを感じることに鈍感になるかもしれない。
本当は、ネガティブなところよりも、ポジティブなところを感じたほうがいいのだけれど、それを忘れてしまうんです。

感情を止めるってことは、抑えたり、鈍感になるってことは、充実感や生きることそのものを、諦めていくってことなの。

それと、他者中心というのは、どうしても人との比較が出てきます。そして、思考に入るのね。
思考で、どんなにしても、思考そのもので、物事を改善することはできないって、最近つくづく思います。でも、他者中心だと思考になってしまう。


「精神性の向上=自己肯定を目指している」22.「精神性の向上=自己肯定を目指している」CD2より


意識というのは、だんだん相手の意識も感じるようになるから、どんな意識でそこにいらっしゃるか、わかるから。その違いがわかります。
ほんとうに自分の意識って、どんなふうな意識でそれをつぶやいているかって、ものすごく大事です。

そっちのほうに多少きっかけがあったら、できてないところよりも、できてるほうに焦点があたるのね。それの繰り返しだから。だけど、今はほとんどの方たちができないって、無意識に勝手につぶやいているのね。思考で入るから、思考が入ると、できる、できないになるでしょ。できないって言葉をものすごく無意識につぶやいています。

何かちょっとした行違いが起きて、人との関わりを、少しコミュニケーションをっていうふうに、自分のほうに焦点があたっていると、どんどん、コミュニケーションとるほうになる。
それを、トラブルって認識しないのね。協力してくれて、解決して、いい結果になったって、いい関係をある部分では優位的な立場で、それが叶えられたってことになる。



「ポジティブな関わり方・肯定的な自分表現」3.「ポジティブな関わり方・肯定的な自分表現」CDより


ポジティブな関わり方だったり、ポジティブな自分表現っていうのは、外の社会には、あまりないから、これからもう自分たちでどういった言い方が楽になるのかなっていうふうに、もっと伸ばし得る分野だと思ってるんですね。

もとから、「yourメッセージ iメッセージ」っていうのはあったけれども、あんまり“感じ方”っていうことで、そこに焦点をあてて言ったりはしていないで、
単純に、「あなたは~、私は~」の言い方では、全然違いますよっていうように、よく言われてはいます。

だったら、「私は~、あなたは~」って言い方っていうのは、簡単そうだけど、意外と簡単でもないんですね。
「私は~」っていうには、どうしてもね、頭の中から「私は~」っていう癖をつける必要があるんです。だから、テクニックでできるものでもないんですね。

テクニックだと、即答できなかったりとか、すぐに対応できなかったりするんです。
普段から、「私は~」って言い方を、頭の中から、思考することそのものが、「私は~」になっているかどうかが大事なんですね。


プラス思考を増幅させる4.「プラス思考を増幅させる」CDより


本だけでは、わからないことがたくさんあるんですね。まして感覚のほうがとても大事だから。
頭で考えることよりも、感覚、感じること、感じることのレベルを上げていったほうが、もっともいいんですね。

感覚の中には、いつも言っているけれども、感じ方の中に情報がたくさんたくさん含まれてて、それをあとで、たくさんの情報を書けるっていうイメージです。

あんまり言葉でやってしまうと、例えば100くらい情報があったとします感じることにね、その中で思考にしちゃうと100のうちの二つとか三つとか四つとか、それくらいし書けないでしょ。
そこからまた始めたら、そこでもう97くらいは捨ててることになるのね。

そういうふうに、ご自分の感じ方っていうのも、本当にねもう言葉に置き換えてしまったら、100のうちの三つか四つくらいだったら、その四つからまた考えたら、とってももったいないでしょ。
だから、できるだけ感じたら、感じたままにしておいて、その場面を思いだしていただいたほうが、その状況っていうのがよりはっきり、わかるのね。

だから、どちらかって言ったら感じ方を基準にした場面をなんとなくイメージ全体的なところで、映像のように感じていただいたほうがはるかにいいんです。
そこをまたあらためて思い出してどういった状況だったのか、感じて、そのまわりを設定すればいいでしょ。よりその中に情報が捉えられるのね。



肯定的な信念をもつCD5.「肯定的な信念をもつ」CDより


もう本当にね、言動パターンっていうのは、自分の細かいパターンってほとんど一緒なのね。
一緒と言うよりは、ある部分では、自分自身がそこを変わりたいっていうような欲求をもっているっている捉え方をするの。

それで今の一般社会的な捉え方の中の社会の中で生きるというよりはね、本当は社会を通して肉体で経験しながら物事を経験しながら、自分のいちばんそこを変わりたいなっていう欲求を本質的なものを、変わるために生きているっていう捉え方をしているんです。

もちろんそれは原理的なところと照らし合わせてね、それだとそぐわないような気がするかもしれないけれども、半分はそっちの方の意識をもっていただきたいの。
どうしてもこの三次元のこの社会の中にどっぷりとつかってしまうから、そっちの方の視点でどんなに足掻いても、解決しないんですね。


自分中心シリーズ第5弾

石原加受子 自分中心心理学

「自分を認める感覚を高めるためのCD」

・「精神性の向上=自己肯定を目指している」1
・「精神性の向上=自己肯定を目指している」2
・「ポジティブな関わり方・肯定的な自分表現」
・感覚のセッション「プラス思考を増幅させる」
・感覚のセッション「肯定的な信念をもつ」
上記CD5枚組です。


1.「精神性の向上=自己肯定を目指している」1

「精神性の向上=自己肯定を目指している」1 ・ほとんどの人は、意識の根底がほとんどネガティブ
・他者中心だと思考する
・囚われて思考すれば、自分を責めるか、他者を責めるかになる
・脳は意識の根底にあるものに対して正確に働いている
・どのたも、精神性の向上=自己肯定を目指している 他





2.「精神性の向上=自己肯定を目指している」2

「精神性の向上=自己肯定を目指している」2 ・自分の信じている意識と同調する物事を選ぶ
・人に合わせる他者中心は、罪悪感を生む
・小さな焦り、小さな不安、マイナス感情⇒お金は入ってこない
・プラスの感度を高めれば、自動的に良い物事を選ぶようになる
・もっと自分を自覚する 他






3.「ポジティブな関わり方・肯定的な自分表現」

「ポジティブな関わり方・肯定的な自分表現」 ・お互いに尊重し合える距離の取り方がある
・自分表現できれば、争いにはならない
・感じることで、適切な言葉が生まれやすい
・面倒くさいと思う人ほど、物事はスムーズに行かない
・自分の気持ちや欲求を素直に言葉にする 他





4.感覚のセッション「プラス思考を増幅させる」

感覚のセッション「プラス思考を増幅させる」 ・感じたものは、感じたままにしておく
・感じ方の精度を上げることが必要
・過去も感じ方で記憶しておき、感じ方で再現すれば?
・多くの人が「しなければいけない」という緊張で生きている
・人はプラスで変わることができる 他




5.感覚のセッション「肯定的な信念をもつ」

感覚のセッション「肯定的な信念をもつ」 ・言動パターンは自分の変わりたい欲求のテーマとなっている
・本当は自分の自覚していないところに問題の本質がある
・ほんのちょっとの成長に焦点を当たられるかどうか
・自覚のない思考は信念からきている
・どんな感情でも、否定しないで受け入れること 他






[料 金]

石原加受子の自分中心シリーズ第5弾「自分を認める感覚を高めるためのCD」

定価:22,800円(税込)のところ、今だけの特別価格!

【特別価格】:¥18,334-(税込19,800円)



※お願い
音声はセミナーでの石原の会話部分
(一部を除き)に編集しております。
また多少断片的になっている部分もあります。
セミナールームにて録音のため、その他、種々雑多な音も収録されております。
その点は、ご容赦いただきたく、ご了承の上でお買い求めくださいますようお願い申し上げます。

※免責事項
この音声の一部だけ引用して他者にアドバイスなど行なうことはお控えいただきますようお願いいたします。またその結果、何らかの問題が発生した場合も、弊社は一切の責任を負いかねます。

ご了承いただきたいこと
ご購入際し、上記の使用許諾書にご同意の上お申込ください。


自分中心シリーズ第5弾「自分を認める感覚を高めるためのCD」ご購入は弊社とご購入者様の使用契約です。以下契約に同意の上、ご購入お申込ください。
本教材(CD、テキスト等)ご購入は当方とご購入者様の使用契約です。
以下契約に同意の上、ご購入お申込ください。
詳細を見る
使用許諾書

この契約は、あなた(以下甲とする)とオールイズワン及びオールイズワンJP(以下乙とする)との契約です。
本教材を使用することをもって、甲はこの契約に同意したこととなります。

第1条 使用権利
甲は、本教材に含まれる情報を、本契約に基づき使用する権利を有する。

第2条 無断転載、一般公開の禁止
本契約に含まれる情報は乙に所属し、著作権法によって保護されている。
これらの情報を、甲は、乙との書面による許可なくして、出版および電子メディア等による配信、ならびに無断転載、一般公開、転売してはならない。

第3条 契約解除
甲がこの契約に違反した場合、乙の判断と決定で、この使用許諾契約を解除できることとする。

第4条 損害賠償
甲が本契約の第2条規定に反した場合、本契約の解除と同時に、乙に対して、損害に応じた違約金ならびに賠償金を支払うものとする。

著 者 石原 加受子
発行人 石原 加受子・オールイズワン・オールイズワンJP
発行所 〒166-0032 東京都杉並区天沼3-1-11 ハイシティ荻窪1F
電 話 03(3393)4193
 「自分を認める感覚を高めるためのCD」購入します!

※上記のリンクからお申込み頂けます。


お支払いは弊社口座へ入金お願いいたします。

ご入金先弊社口座は、お申込送信直後の自動返信メールにて連絡いたします。
※入金の確認はオフラインのため、数日かかる場合もあります。

商品は弊社口座でご入金確認順に商品発売日以降順次ヤマト運輸宅急便で発送します。

※送料は弊社で負担します。


追伸:

「信じる」と、「肯定する」ということの違いを考えてみたのですが、一生懸命信じようと思考するのは、心の中に疑いを持っているからでしょう。
多くの人は、その無自覚の疑いをひっくり返そうと思考しています。

思考と感情は別物です。

感情を思考でいくら、ひっくり返そうとしても、無理だということは皆さんも経験されているのではないでしょうか。それでも、日々自覚のないところで、そんなことをやっているというのも実際でしょう。私たちは、自己否定感、罪悪感など、もろもろのマイナスの感じ方をたくさんしていると思います。

そして、これを思考や論理,や一般常識で抑え込むか、くつがえそうとして、人と争ったり、我慢し葛藤しています。あるいは、諦めて誰かに従ったり、社会に合わせようとしています。
また、自分の存在としての尊厳を放棄したような生き方を本人も知らずのうちにしています。

今の時代、他者中心であるほどに、そんな大きな負の流れに巻き込まれているように感じます。
最近、そのような社会に巻き込まれていることに、さらに気づかざるを得ない状況に陥っている人が増えてきていると思います。けれども、それは悪いことではないと思うのです。

気づいた今からでもちゃんと人生を構築し直すことが、自分中心心理学では可能だと言えるからです。
現代は、ほとんどの人の人生が、「しなければいけない」が意識の土台になっているという不都合な真実です。

つまり、仮にしたくなくても、しないとまずいと思っていることで人生が埋め尽くされています。
このような、本当は誤った意識の土台を崩すことが必要です。
簡単に言ってしまえば、自分のすべての選択と行動を100%肯定すればいいのです。
けれども、この肯定の仕方がわからない。

具体的な方法論をだれも教えられないできた。肯定することは、実は具体的なスキルなのです。
一言で言えば、それが「自分中心」になることです。

今年の2月に大阪で開催したセミナーは、この自分を肯定することがテーマとなっています。
この自分中心シリーズ第5弾のメインCDは、この大阪でのセミナーの冒頭での話を収録しています。
もちろん冒頭と言っても、かなり踏み込んだ話をしています。

私はこのセミナーに至るプロセスとして、2016年1月~来年2018年1月開催の2年越しの一連のセミナーがすべて繋がっているように感じています。

・根底を覆して無意識を味方にするセミナー
・人生を一瞬にして変えるための徹底的セミナー
・すぐ変わる即効性ワーク
・最も重要な根本原理を身につけるセミナー
・「今に生きる」スキルを身につけるセミナー
※上記のセミナーの冒頭音声を、自分中心シリーズ第4弾にて発売中です。

そして、2018年2月「自分と親しくなる」大阪二日集中セミナーへ繋がる。
いずれかのセミナーを受講された方は、おそらく私と同じ感覚を感じているのではないでしょうか。
そういったことが、一連の流れとなって、「自分を肯定する」へと到達するのだと感じています。

上記、セミナーを受講されていない方も、自分中心心理学と意識の中で繋がりを感じていてください。
無意識のところで感じる情報として繋がっています。
自分自身の、ここ2年間をそれぞれに振り返ってみれば、きっと同じプロセスを、それぞれの人のテーマに沿って歩んできているはずです。

また、自分を肯定するためには、まず自分の認識を自覚して改めることも必要です。
自分の認識を変えることは、ちょっとしたきっかけを自分に与えれば、意外なほどに簡単に変わることもあります。

石原の音声はこのちょっとしたきっかけになり得るでしょう。

そして、この自分中心シリーズ第5弾お聴きいただき、ちょっと認識方向性を変えることができれば、自分を否定意識を崩して、肯定意識の土台を作ることができる手掛かりを、あなたはきっと掴めるにちがいないでしょう。


オールイズワン認定ライフクリエーター 西岡利晃




 ◆「自分を認める感覚を高めるためのCD」購入します!

よろしくお願いいたします。
オールイズワン 担当:西岡
ページの先頭へ