◇読者セミナーでのよくある質問

私は、「こうなりたい!(理想)」と思うのですが、なかなかできないんです。


読者セミナーでは、まず参加者の方からの質問で始まります。
いま現在の個人的な状況をお話されて、アドバイスを求められてりもします。
そんな参加者の方への、石原の回答を少しここで公開いたしましょう。


石原:
今できるできない、したいしたくない、
その欲求のところに焦点を当てればあんまりできるできないっていうのは外れていくんです。

だから頭の中で何か自分の中で達成しなきゃいけないなとか、何かもう1つはね、
みんながびっくりするようなことをしなきゃいけないだとか、
そんなふうなところでしなきゃいけないと思い込み過ぎてるところが、
ほとんどの方、今あるんじゃないかなっていうふうに思います。

そんなところゴールはないから。
だからもともとゴールがないもの目指しても満足感得られるわけがないんですね。
そこがだから一般的にイメージで作られたりとか思考で作られてる、
しなきゃならない、あるいはしたほうがいいも一緒。
したほうがいいんだろうかで動けたら人間って簡単にすいすい動いてます。


そのときどきの欲求を満たすような、あるいは自分の気持ちを満たすようなころ、
そこに常に絶えず焦点が当たるようになれればいいなんていうふうにすごく思います。
だからそれが、いまを生きるってことなのね。



◇読者セミナー音声&テキスト【4話分セット】
「冊子・CD版」と「PDFとMP3ダウンロード版」の2種類があります。

4話セット写真



今回の読者セミナーの音声は4話分。
2015年2月、3月、4月にそれぞれ開催された読者セミナーから選別したものです。
1話につき約50分~60分程度の長さがあります。
過去に販売していた読者セミナー音声は、1話20分~40分弱程度のものでした。
今回ご提供させていただくものは、最低限のカット編集にして、できるだけ多くの情報を皆様にお届けできるようにしました。
分量だけでも従来のものと比較して、1.5倍から2倍程度あります。
さらに音声を文字起こししたテキストも作成し、音声部分には収録されていない、読者セミナー参加者からの質問部分は、このテキストに概略として掲載してあります。
石原の話している内容が、どういった質問に答えているのか、このテキストを最初に読んでいただければ、より明確にご理解いただけるようになっています。
また読者セミナーの中で、石原がホワイトボードに書いた、説明の絵や図も簡単ではありますが書き起こしてテキストに記載しています。
テキストを読み、見て、音声を聴くことで、実際に読者セミナーに参加しているような状況を少しは体感いただけるかと思います。



では、ここからは読者セミナーの内容を少しお教えしたいと思います。

2015年2月21日読者セミナー

読者セミナー150221150221CDイメージ

思考に囚われるとつらくなるという話からはじまります。
それは私達が「しなければいけない」「社会に認められなければいけない」と思い込みすぎていることはないか問われます。自分が世間一般の常識や、既成概念で「こうならなければ」と思い込んでいる。それは本当の“欲求”ではないといいうことを話しています。

人生にゴールはない

上を目指して、ゴールを目指せばきりがない、どれだけでも自分がダメだって言えます。相手に認められて満足するというのは、本当は幻想なんです。自分の感情で自分を判断してほしい。自分の価値基準をしっかりもつ、そうでないと物事に巻き込まれていきます。

言葉には意味がない

自分が使った言葉で、自分がどこに居るかわかる。
相手が使った言葉で、相手の居ることがわかるだけ、そこに自分を結びつけるから自分が苦しくなる。自分が聞いて心地いいか、心地悪いか、そこを基準に判断してほしい。ただその基準は、それぞれ違っていて、そこを認める必要はある。

他者に満足を求めても得られない

他者を支配していっても満足はない。
相手を支配しても、自分に恐怖がインプットされていく。そんな世界に満足はない。相手に満足を求めても、満足はない。満足しないから他者中心的に、相手の言葉に乗って行ってしまう。

言葉に言葉で反応するのは争っているだけ

言葉に囚われていくと、自分の感情や欲求が見えなくなる。自分のまわりにほんの少し、お互いの感情や気持ちが通じ合う瞬間があります。数え切れないくらいの「ありがとう」がある。相手を敵だと認識しなくて済む人がいることが安心だし、安全だからこそ、自分がそこに帰れば安心していられるからこそ、自分の欲求を満たすことができる。戦う意識があると、戦うのが嫌だ、傷つくのが嫌だと思いつつも、その中に入っていく。それよりもプラスを実感していくことのほうが、戦う意識が減る。傷つく前に、傷つきそうだという時に、降りることが大事。

意識は見えないが、感じ方ならわかる

意識はみんな感じあっている。自分の中に敵意があるから、そいうったことが起こる。引き寄せの法則っていうのは、そういうこ。だから全部自分。自分自身を否定しなければ、全部情報だと見える。
戦うことに焦点が当たったり、感情を抑えていると、見えない。

意識のミクロのところから変わる

ちょっとした自分の行動で、このミクロの意識が変わる。自分を常に見ること、自分の立ち方座り方、そんなところにも自分の意識が現われている。自分が怯えていれば、そこから思考が始まる。自分がリラックスしていれば、そこから思考が始まる。もう正反対の思考になるのがわかる。


2015年3月5日読者セミナー

読者セミナー150305150305CDイメージ

いま、日常がわりと平凡に送っている方の感想から始まります。
一見退屈で刺激の少ない毎日のように感じているのですが、過去を振り返れば、悩みやトラブルが絶えず、激しい人生を送ってきた方です。同様に過去激しい人生だった方は、他にもいるのですが、そういった方々がここ数年で、すごく良い方向へ変わり始めた話をしています。

お金の話

次にお金がテーマの話です。
多くの方がお金をほしいと思っていることでしょう。今より収入が増えれば、物質的な問題は解決に向かい、また買いたいものを我慢したりすることもなくなると思っています。今より金があれば・・・もっと自由になると思い込んでいます。しかし現実にはお金は足りないと感じている状況です。石原は豊かさの概念そのものが違うということから解説します。

自分中心心理学 「選択の責任」

自分中心心理学の「選択の責任」の話から始まります。
お金を得ること、また使うことに罪悪感があるという方の質問です。お金というテーマは、多くの方にわかりやすいテーマだと思います。「私とお金」の関係性が見える部分です。お金も意識が形になったものです。エネルギーが形態かしたと言ってもいいでしょう。その得方、使い方、そして得たことに「ありがとう」を言う意味。お金持ち意識を育てる大切なポイントを話しています。

本質的な“愛”は知っている。

人は、本質的に愛をしっている。しかしいまの自分が物質的なものやお金を得たいというレベルであっても、それはかまわない。人生にはプロセスがある。本質的な愛の質を求めていくまでの道のりがあります。その過程でいまはお金を求めてもいい。得ることへの罪悪感がある。そこがブロックがある。自分が相手に頼めないというブロックがある。そこをクリアーしたいと願っている自分がいる。

決断や選択のしかたが大事

親はお金で子供を支配していたつもり。けれども、心から「ありがとう」と言ってもらって、それを使うことに罪悪感はいらない。気持ちよくお礼を言えるようになると、自分を認めることができるようになる。そうすると行動できるようにもなる。いきなりそこを目指すことはないけれど、そうすると自分が行動したこと、自分が創造したことでお金をもらうことの方へシフトできる。

自分の価値を認めること

同じことをすることが平等でない。それぞれの個性を認めることが平等。社会の構造に自分をいびつに合わせようとすること、合わせなきゃいけないと思うことが間違っている。これからの時代それが求められる。


2015年3月21日読者セミナー

読者セミナー150321150321CDイメージ

石原の「もっと自分中心でうまくいく」の本を読まれた方の質問から始まります。
人間関係は、関係性で起こっているという話をしています。意識の実感が形になっていきます。一つの会社でも、マイナス意識の人々がいれば、その意識が形にり、結果的にダメになる方へもっていきます。では上手くいく方向へ持って行くには。

自分の意識どおりに相手が反応している

自分が相手に対して、持っている印象どおりに、相手は反応しています。単純に嫌いな人がいれば、その人はあなたに対して嫌いになるような態度や言動を無自覚にとります。

一人でやろうとするのは強さではない

多くの人が、一人で頑張って、きつい状態でいるよりも、人に依頼するほうがきついと思っている。相手に依頼して断わられること、傷つくことのほうを恐れている。自分中心心理学のテキストには平易な言葉が書いてある。文字にすれば簡単に見えるからできそうに思うが、実際はできない。実際の場面では、気がつかない。特に断わられることが恐い。一所懸命一人で恐れながらやる。最後に「なんでできないんだ」物事が大きくなってからトラブルになって現われる。

自分が自分のために行動できたかどうか

全て自分なんだということ。
結果でなく、目的を通すでなく、言えただけでOK。そこを自分が評価できるかどうかが、とても大事なこと。自己信頼はここでしか育たない。相手がやってくれたとしても自己信頼絶対育たない。
それが正当な愛であっても繰り返されるとみじめになるだけ。
だからずっと自分自身がお願いすることを、すごく自分が弱々しく見せてお願いしていけば、すごく卑屈になった人間なっていく。だけど自分がすごく自分を弱々しくて何もできない人間だっていうふうに見せかけて、それをやってもらっても自分の自己評価が下がる。

大きなところは取り組まない

肉体の傷ってのはちゃんと治っていくのが見える。だけど心の傷は見えない。
どちらのほうが深いかと言えば心のほう。肉体の傷は治りやすい。だけど心の傷はすごく時間かかる。だからこそ自分がほんのちょっとのところを見届けることはとても大事なこと。その小さいところを見届けられることが人生を飛躍的に大きくする。
自分自身を見て自分の感情を信じてちょっと自分ができたところを評価して、「良かった」って言ってあげて実感していただければ、それで勝手に未来は開く。そういった意味でほとんど頭で考えて動かないのは怖さが隠れているということ。
すべてみんな恐怖に囚われてるのに気が付かないだけ。だからそういった恐怖を取るために小さな行動だったら怖くない。

自己信頼は自分を認めること

多くの方が期待に応えなきゃいけないと思ってたりしている。
期待に応えた相手が評価してくれたら私がすごく自信を持てるなんて思ってるから、だからそういった認識が間違ってるってことに気が付いてほしい。
あんまり頭の中で大きいことを考えたりしても抽象的なことを考えても意味がない。

自分ができたところをスルーしている

自分が言えたってことで、その言えたことをどれだけ大きく「最高に幸せって」感じ方ができるかどうか、多くの方がそこが足りない。相手に言えたってことをどれだけ実感を持って、それがなによりも素晴らしいことなんだっていうふうな感じ方をしたかどうかってことが大事。
そこのほうに焦点が当たらない。
自分がほんのちょっと勇気を持ってやれたことってすごく人生の中では経験がないぐらい大きなことだったりする。みんなそんなところほんとにスルーする。そこの感度を高めることが大事。



2015年4月2日読者セミナー



150402テキストイメージ150402CDイメージ


抽象的よりも具体的な場面を見ていくことが大切という話から始まります。
参加の方の自分がマイナス感情になってしまう場面に自分をさらさないということについての質問がでます。それに石原が答えます。まず最初のテーマとして、物事って原因と結果と目的があるって捉え方。この目的というのは無意識だということ。
その無意識で自分自身が何を欲求してるのかを見ることが大切。この欲求というのはプラスの欲求というよりは、「何々したくない」という欲求。何々するの怖いとかそんなところも欲求の中だということ。

無意識の目的

無意識の目的、欲求には、メリットがある。その目的というところ、自分がどれだけその目的を探すことができるかどうかが大事。そこが自分の得られるもの、メリット。
あるいは避けられるもの、これもメリット。そんなところをどれだけ出せるかどうかが大事。
自分の人生だから自分をちゃんと中心にしてたほうがいい。自分にとってのメリット、自分にとっての避けたいことっていうふうな捉え方をしたほうがいい、一般常識的にどうだこうだとか世間体がどうだこうだとかっていうのは関係がない。

共時性はたくさんある

例えば会社辞めたいなと思っているときに、そのたまたまお店に入ったところで、
そしたら隣の人たちが「もう辞めるよ」っていうふうにそのはっきりと聞こえたりする。
普通の人間がしゃべってるだけ、自分と関係なく。でもそういった場所に居合わせますよってこと。
そうすると自分が本当はその場所にちゃんとそこにちゃんとそういった言葉聞けるような時間にそこがいるってことがすごいでしょっていうようなことが起こる。
そんなのはもうたくさん誰でも共時性ってところで見ればみんな経験してるはずなんです。

生きる欲求がでることはすばらしいこと

それが今を生きることに通じていく。
行動が大切、頭じゃないイメージでもない。ただ単純に行動。行動して良かった言えるかどうか。
そこに気が付くだけ。実際ほんとはすごく簡単と言える。
また大きなところ見て怖い、それも置いといていいんです。怖いのは。
だけどこういうふうにお茶を飲んで良かったなっていうような気持ちの実感ができる分だけその恐怖が薄まっていってる。
全然食欲がなくなってもうあんまり何でもいいみたいで要するにお腹が溜まればいいぐらい食べていた人が、少しお腹の欲求でお腹空いた食べたいなっていうのちょっと感じたとすれば、そこで欲求が出てきたってことは、生きる力が少し出てきたっていうぐらい大きいこと。
ほんのちょっと違っただけでも生きる欲求が出てきたって素晴らしいこと。

ほとんどの方は、責任の範囲が見えていない

自分から見れば100回のうち1回できるようになったのは、それを自分が良かったなって言う必要がある。その分だけ責任がちゃんと取れるようになったのかもしれない。
責任を取れるようになったってことは、その責任の範囲が見えるってこと。すごく大きなこと。
責任の範囲が見えてないほとんどの方たちが。だから怖がってる。
だから「自分中心」が大切。不安のレベルがどれぐらいかにも違ってくる。

意志を育てるために

物事を決められないからこそ、どうして決められないかというと、自分の意志が育ってないってこと。
だからそういった意志を育てるために小さな場面場面を大事にして、さっき欲求満たして良かったぞとか、自分の欲求を満たすための行動できたぞって小さなこと。
小さなところで少しずつ決断できて良かった、行動できて良かったっていう小さなところを積み重ねて初めて意志を持てるようになっていく。意志は育てないと育たない。
相変わらず恐怖を抱きながら、迷っていったりするとそれはどこについてもついて回る、意志を持つということができるほうが、自分の好きなところに行く。

意志は責任の範囲が見える

意志って責任を取ることもOKですよって感覚。
責任を取るというのは、過剰な責任は取らないってこと。
会社の責任を取らないためにイエスノーを言えなきゃいけないってこと。
それができないのにいろんなところで好きな仕事を云々なんてまず無理。
好きな仕事っていうイメージでは好きな仕事だけれども、ちゃんとその中には自分が責任があります。



読者セミナーCDイメージ

読者セミナー音声&テキスト
2015年2月~4月の各4話

読者セミナーは基本的に1時間30分ありますが、ご質問いただいた部分や、一部カットしています。その日の全体としてテーマを絞った部分をメインに編集しています。           右絵はイメージです。⇒

□4話分セット購入お申込
申込フォームから、CD版かダウンロード版か選んでお申込いただけます。

4話分 CD+文字起こし冊子版 
価格:¥14,000-(税込)

4話分 音声ファイル+文字起こしPDFダウンロード
(代引不可)
価格:¥9,000-(税込)

4話分 CD+文字起こし冊子版
代引購入の場合
代引価格:¥14,300-(税・代引料込)



※1話分ずつご購入もいただけるようになりました。

1話分 CD+文字起こし冊子版 
価格:¥4,500-(税込)


1話分 音声ファイル+文字起こしPDFダウンロード(代引不可)

価格:¥3,000-(税込)

1話分 CD+文字起こし冊子版
代引購入の場合
価格:¥4,500- +1配送に付き¥300ー(税込)

※2話分購入の場合は、上記1話分金額×2の金額になります。
 例)代引で2話分購入の場合は9,000円+300円=9,300となります。

↓↓↓お申込フォームからご希望の話を選んでご購入いただけます↓↓↓

1話分ずつ各話個別に購入いたします!



お支払いは弊社口座へのご入金でお願いしています。

ご入金先弊社口座は、お申込送信直後の自動返信メールにて連絡いたします。
※入金の確認はオフラインのため、1週間程度かかる場合もあります。

ご入金いただき弊社口座で確認とれ次第、ダウンロード版は、ダウンロードホームページURLをメールにて連絡いたします。
CD+文字起こし冊子版は、ヤマト運輸にて発送します。(送料弊社負担)

CD+文字起こし冊子版に限り、代引(ヤマト運輸コレクト)でも承ります。
代引の場合はご注文後弊社営業日最短~2.3日で出荷いたします。
※送料は弊社で負担します。

 読者セミナー音声&テキスト【4話分】を今すぐ申し込みます!
「特定商取引に関する法律に基づく表記」


     読者セミナー音声&テキストご購入は弊社とご購入者様の使用契約です。
     以下契約に同意の上、ご購入お申込くださいませ。


     使用許諾書

     この契約は、あなた(以下甲とする)とオールイズワン及び
     オールイズワンJP(以下乙とする)との契約です。
     本教材を使用することをもって、甲はこの契約に同意したこととなります。

     第1条 使用権利
     甲は、「読者セミナー音声&テキスト」に含まれる情報を、本契約に基づき使用する権利を有する。

     第2条 無断転載、一般公開の禁止
     本契約に含まれる情報は乙に所属し、著作権法によって保護されている。
     これらの情報を、甲は、乙との書面による許可なくして、出版および電子メディア等による配信、
     ならびに無断転載、一般公開、転売してはならない。

     第3条 契約解除
     甲がこの契約に違反した場合、乙の判断と決定で、この使用許諾契約を解除できることとする。

     第4条 損害賠償
     甲が本契約の第2条規定に反した場合、本契約の解除と同時に、乙に対して、損害に応じた違約金
     ならびに賠償金を支払うものとする。

     著 者 石原 加受子
     発行人 石原 加受子・オールイズワン・オールイズワンJP
     発行所 〒166-0032 東京都杉並区天沼3-1-11 ハイシティ荻窪1F
     電 話 03(3393)4193


※お願い
音声はセミナーでの石原の会話部分
(一部を除き)に編集しております。
また多少断片的になっている部分もあります。
セミナールームにて録音のため、その他、種々雑多な音も収録されております。
その点は、ご容赦いただきたく、ご了承の上でお買い求めくださいますようお願い申し上げます。

※免責事項
この音声とテキストの一部だけ引用して他者にアドバイスなど行なうことはお控えいただきますようお願いいたします。またその結果、何らかの問題が発生した場合も、弊社は一切の責任を負いかねます。

ご了承いただきたいこと
ご購入際し、上記の使用許諾書にご同意の上お申込ください。

 読者セミナー音声&テキスト【4話分】を今すぐ申し込みます!
「特定商取引に関する法律に基づく表記」



各話、1話分ずつ購入いただけるようになりました!

1話分から3話分まで各話個別購入の場合は以下のリンク先お申込フォームからご希望の話をお選び購入お申込いただけます。

CD・テキスト版1話分(入金後発送):¥4,500円(税込)

◆CD・テキスト版1話分代引で発送¥4,500円+1配送に付300円(税込)

◆音声MP3・テキストPDFダウンロード版1話分:¥3,000円(税込)

※入金の確認はオフラインのため、1週間程度かかる場合もあります。

ご入金いただき弊社口座で確認とれ次第、ダウンロード版は、ダウンロードホームページURLをメールにて連絡いたします。
CD+文字起こし冊子版は、ヤマト運輸にて発送します。(送料弊社負担)

CD+文字起こし冊子版に限り、代引(ヤマト運輸コレクト)でも承ります。
代引の場合はご注文後弊社営業日最短~2.3日で出荷いたします。
※送料は弊社で負担します。

1話分ずつ各話個別に購入いたします!



◆ご購入いただいた方の感想

以前に読者セミナー音声&テキストをご購入いただいた方の感想です。


お世話になります。
先日購入させて頂いた「読者セミナー音声+テキスト4話分」を拝聴
させて頂きました。
また繰り返し聴いております。
まるでこれまでの自分の人生をカウンセリングして頂いたような内容
でとても驚き、そして涙しました。
これから少しでも自分中心で生きていけるよう、理解を深めていきた
いと思っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Y・Yさん

今回、CDを購入させていただきました。ありがとうございました。

定期購入が可能になったら、ぜひ始めたいと思います。

以前に購入した1~16話までの読者セミナーの内容も素晴らしいです。

CDで聴くと何回も丁寧に聴けて、石原先生のおっしゃられていることもよく理解できるように思います。

気分を変えたいときもすごく助かります。

これからも楽しみにしています。

Y・Mさん

早速聴かせて頂きました。
質問者の方の質問が今、自分が悩んでいたり同じように感じていたりしたことだったので、それに対して答えをもらえたようで嬉しかったです。
頭でこうしたらこうなるとか、こうなったら自分の望む状態になれるとかでなく、とにかく今の自分の欲求や感情を感じて、素直に誰に遠慮することなく叶えてそのことを喜ぶことで、本来生きたかった自分にどんどん近づいていけるのかなと思ったので、なるべくそれを実践し始めました。
でもいまいちわかったような、わからないような自分の中で曖昧な部分もあるので、また気が向いた時に何回か聴き返してみたいと思います。
テキストに起こされていたり音声ファイルがあると、そうやって何回でも聴き直したり見直せるのがすごくありがたいですね。
商品の形態ですが、私はあまりパソコンを使わないアナログ人間なので冊子があったほうが嬉しいです。
郵送費がかかってしまうし冊子代などが(作るのもけっこうな労力かな~とも思いますし)難点ですが、届いた嬉しさで開くというのもあったので。
でも音声ファイルはダウンロードでもCDでもどちらでもいいです(笑)。

単に紙が好きだっていうだけなんです(笑)。
でもやはり音声で聴くと本で読むだけとは違う感覚があるような気がします。
また機会がありましたら購入させて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

M・Mさん

大変わかりやすく、聞きやすい音声セミナーでした。

テキストも一緒なので、一緒に読みながら、視覚からも、聴覚からも、受け取りやすく、わかりやすい商品でした。

届けてくれてありがとうございました。

Y・Nさん

石原先生の本が好きで何冊か持っています。
私の家はネット環境が整ってますが、そうでない方なら
冊子とCDはとても良いと思います。
先生の音声が大好きで、本もいいですが、やはり声の方が心にすーっと入ってくるような気がします。
先生の声がリラックスできるのか、真剣に聞いているのに、途中で必ず寝てしまいます(笑)。

M・Hさん

目と耳からの学びは浸透がいいです。
耳のみだと質問を想像しながら。
本だとつい飛ばし読みしてしまうことあります。
この形だと聴ききたい時、読みたい時気軽に何回もできます。
日常感覚、マイペースが楽で好きです。
今回は今ここで自分の感情に気づき自分で満たしそれを味わう。
毎日の生活でほとんど満たしているんだな。と再発見しました。

ただ自分中心ではないと感度静止状態になるので生活に味けない感じがするのだなと思いました。
毎月新しいのを気軽に身に付き感度高くなるのが楽しみです。

N・Kさん

CDと 文字おこしテキスト 両方あると とてもわかりやすいと思いました 。

音声からは 実際の石原先生のお話を通してこそ伝わってくる  安心感 や テキストからは伝わらない感じが 体感出来ると思いました。

それから 聞き取りにくかった部分や  ここは 自分でも書き留めておきたいなと思ったところは、すでにテキストにしてくださっていて 確認できたので 助かるなぁ とてもいいなぁ と思いました。

感覚を忘れそうになったら  何度でも 聴いて テキストも読み返せるので いいなぁと 思います。

K・Kさん

現実に生きることと幻想の中に生きることの違いがよくわかりました。

自分が自分を苦しめてしんどくなっていたんですね。

CDを聴いて数日たちますがあらゆる場面で本当の思いに気づくことが増えて楽な選択をするのはこういうことなんだと実感しています。

これからもっと自分を大切にしてあげたいと思います。

S・Mさん

今回はテキスト付だったので、より良く理解することができ、ブラッシュアップすることができました。ありがとうございます。
過去セミナーを受講してから大分期間が空いてしまいましたが、また機会がありましたらセミナーへも参加したいです。

J・Kさん

おはようございます(*^^*)
セミナーでは、お世話になりました。
あれから、自分自身の解放と心地よさをあきらめたくなくて、自分中心の原理、石原先生の著書、メルマガ、6年周期リズムを繰り返し反復することで日常生活に役立たせてもらっています。
自分で決めて行動する気持ち良さ。
決断して納得する気持ち良さ。
快 不快を感じる感覚。
我慢をせず、立ち去るという選択。
などなど、自分中心を学んでから明らかに私の心身が楽になっていっています。

しなければならないや、
世の中の一般常識にとらわれすぎてしまうことよりも自身の感度に敏感になること。
動かされるのではなく私のために行動したい。
それが自分の人生を創造していくことだということが、石原先生の声とテキストにより染み込んでいく感覚がとても心地よかったです。
これからも、定期購読が実現されるとしたら大変嬉しく思います。
ダウンロードやPDFは保存して管理するのに慣れていないので今回のようなテキストとCDのセットだと嬉しいです。
どうか今後とも宜しくお願いします。

K・Gさん

自分中心心理学の理論を実際具体的にどう実践していいかがわかるので、とても良かったです!

K・Iさん

今回の読者セミナー音声とテキストに大変感謝しています。
常々、東京に住んでいたら、読者セミナーに毎月参加出来るのにと思ってました。
石原先生がお話下さるのは、毎回シンプルでブレがなく(表現が間違っているかもしれませんが)、様々な方向から説明して頂けるので、聴く程に深くなっていきます。

定期購読は、もう今からでも申込みたい気持ちです。
私はアナログ人間なので、CDとテキストが希望です。

K・Tさん

感情にネガティブ、ポジティブに分ける必要はない、という考え方に共感しました。悲しみ、不安など感じていいんだ、と思うとすごく心地いいことを最近良く気づきます。このCDを聴いてあらためて良かったと思います。

M・Oさん

本の場合は、頭で理解しようという心構えになりますが、音声の場合は言葉が直接心に響いて、じんわりときます。
また先生の話された言葉が、そのまま耳に留まり、記憶に残ったりするので、本にはない良さがあると思います。

そして先生のお声は、とっても癒されるので個人的に大好きです。

先にCDだけ聞くと、質問している方などの音声は入っていないので、完全に話しの内容を理解しきれないもどかしさを若干感じました。
でも2~3回リピートしている内に、勝手に想像したりもしながら聞いていました。
その質問内容がテキストで、補われていて「なるほど」と思いました。
どちらから先でも、良さそうに思いました。

定期的に、最新のお話が聞けるというのはいいなと思います。

Y・Yさん

読者セミナーは具体例の回答を聞くことができるので、わかりやすいです。

今回(過去に発売した分)、「友達は何のために必要か」という質問者と同じような思いがあったので、その点が聞けて良かったです。


M・Mさん

語る言葉そのまま、が、とてもよかった。

臨場感がある。

今回の分は、参加していなかったのでなおさらよかった。

参加した回であっても、文章にして読むと、スルーしていた部分を知ることできる。音声はまとまった時間が必要だけど、冊子だと、気になったところだけ、立ち止まったり、読み返したりできる。

語るままなのが、本と違って、本当によかった。

M・Mさん

とてもよかったです。
冊子で受講者の方の質問を知っているとさらにわかりやすいです。
先生のおっしゃっていることを聞き取れないときや、理解しにくいときもあるので、冊子でフォローしていただけると助かります。
耳と目の両方で自分に吸収できるのは心に響く量も2倍になっている感じがします。

内容も『自分の人生のクリエーターになろう』の続編みたいで、すごかったです。
2年前の私を思い出しました。
理想で「しなければならない」と自分を縛り「でも、できない」になっていました。
体力をつけようと運動を自分に課すのですが、続かない。それどころかいつまでたっても体が動かない。
頭の中はたびたびパニックを起こし、過食に走る。
プラスになる方法はわかっているのに、どうして?ととても自分を責めていました。
とても苦しかった1年でした。

そんな私とAさんが似ているように感じました。
だから、先生のアドバイスがよくわかるし、とても参考になりました。
当時カウンセリングを受けてアドバイスをいただいたのですが、「ちょっとできて、よかった」がまだよくわかっていませんでした。
でも、いまはAさんへのアドバイスを理解できるようになっていて、「なるほど!納得です!できるところからやってみます!」と生き生きと言えるようになっている自分の成長を、とてもうれしく感じました。

タイトルで、目から鱗が落ちました。
私は、「しなければならない」思考やイメージ、理想から発生した「したい」が多いです。
感情と言われても、まだ「したい、したくない」がわからないときもあります。
でも、それが「いま」を見ればわかる。いま感じていることが、心から欲求していること、願っていることなんだと、すごいことを教えていただいた気分です。
そしてそれは、「肩に力が入っているから、力を抜こう」とか小さいことのほうが多くて、それを「よかった」と感じることが自分を救うと、よくわかりました。

定期購読の場合、こんなすごいプラスの衝撃が毎月あるのかと思うと、うれしすぎてヘトヘトになりそうです。

でも、雑誌みたいに、気軽に届いて楽しめることもいいなあとも思います。
と、まだどちらがいいと決められませんが、今後も楽しみにしています。
ありがとうございました。

M・Uさん

一連のCD講座や、本購入のダウンロードなどもそうなのですが、こうした音声による配布は、好きな時に何度も繰り返し聴くことが出来て、その都度、新たな気づきや得るところがあって、ありがたいです。
個人的には、2012年半ばからいろいろ拝聴していて、今になって、より腑に落ちることも多くなって、よかったです。

M・Mさん

 読者セミナー音声&テキスト【4話分】を今すぐ申し込みます!

「特定商取引に関する法律に基づく表記」



■よくある質問

以前、読者セミナー【特別版】を購入しました。20分程度でたが、今回のは何分くらいありますか?

今回の4話は、各1話で、50分~60分あります。できるだけ多くの情報をお伝えできると思います。テキストも1.5から2倍の文章量になっています。

音声のみ、テキストのみの購入はできますか?

申し訳ありません。

今回の分に関しては、音声かテキストかどちらかのみという形で販売は、弊社の方針としていたしません。

追伸:

この読者セミナーに参加して石原の話を聴き、
そして音声編集をするに当たり聴き、
またテキスト起こしで聴いて、さらにチェックの時に聴き、少なくても4回は聴いています。
もしろん仕事として作業として聴くのですが、
作業として聴いているだけでも多くの気づきがありました。
そういった意味で私は役得です。
参加の方の質問は、いまの自分と直接関係ないように感じることも多々あります。
しかしこの編集作業と通して、何回も聴き、また原稿の起こしをしていると、
実は自分のテーマと重なることを石原が話していることに気がつきましました。
またまったく自分に当てはまらないと最初感じていたところも、
本質的なところでは「自分中心」の話であり、
自分のテーマに変換して聴くことができる
ことがわかりました。
読者セミナーでは、それぞれのレベルの人達が参加しています。
自分中心心理学の理解のレベル、実感のレベルは皆さん違います。
また認識している世界もみなさんそれぞれです。
ほんとうにまったく自分と関係ないと思うような質問であったりしても、
石原の回答はなぜか自分のいまの問題やテーマにぴたりとはまってくるのです。
本当に不思議ですが、これが自分中心心理学なんだと思いました。
まさにオールイズワンなんでしょう。
根源は一つということだと思います。
質問は様々な方向から、切り口からしていますが、どの方向からでも答えがでています。
ですので、この読者セミナーをご購入いただいた方は、
全て自分と通じていると感じていただけるだろうと思います。
何回も聴いてほしいなと思います。
何度も聴くことで、気づきが増えると思います。
ぜひこの読者セミナーを、ご自身の人生に活かしていただけたら幸いです。

オールイズワン認定ライフクリエーター西岡利晃


読者セミナー音声&テキスト【4話分】を今すぐ申し込みます!
「特定商取引に関する法律に基づく表記」


プライバシーについて
オールイズワン及びオールイズワンJPは(以下「弊社」という。)個人情報の重要性を認識しております。入力いただいた個人情報は、弊社サービス提供及び、告知情報やメルマガの配信、弊社からの連絡に必要な場合にのみ使用いたします。その他の目的で外部機関や第三者に出すことは一切ありません。ま たお客様本人またはその代理人様から、当該個人情報の訂正、追加、または削除(以下「訂正等」という。)の申し出があった場合には、速やかに訂正等を実施 いたします。
オールイズワンJPは、オールイズワン主催 石原加受子の自分中心心理学、6年周期リズム診断など、心理診断、心理療法に関するセミナーワークとその関連製品を販売しています。


ページの先頭へ